上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
W断熱は、一条工務店さんの「I・キューブ」が有名ですが、ボスコもそれ以前からW断熱工法を採用しています。

こちらは2×4のW断熱部分の施工例です。


躯体の外側に施工された銀色の断熱材 (外断熱)

CIMG3461 - コピー

気密性を高めるために、隙間はシーリングや、発泡剤で充填します。

CIMG3464 - コピー

こちらは躯体の内側に施工された青色の断熱材 (内断熱)

CIMG3463 - コピー

目には見えませんが、体感性能がグッと上がります。

暖房費を大きく節約できますので、長期的に見れば家計にも優しい。

建築コストを下げたい場合は、内断熱施工部分を、寒くなりがちな洗面脱衣室や、リビングなどの常在する部屋だけに採用するのもアリです。

節約に効果大です!

これからの時代は、建てる時も、建ててからも、大きな費用のかかる全室暖房方式より

全体的に寒くなく、局所的にはとても暖かい家のほうが賢い選択だと思います。







Secret

TrackBackURL
→http://boscohome.blog28.fc2.com/tb.php/2840-82d6e493
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。