上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.01.26 永遠の...
映画「永遠の0」、先日ようやく観に行くことができました。

息子も連れて行きたかったのですが、あえなく怪我のため一人で観賞。

原作を読んでいたので、どんな映画に出来上がっているのかとても楽しみでした。

内容はほぼ原作どおり、妻子の写真の場所が変わっていたが、それで良かったと思う。

キャストも個人的にはイメージどおり、原作を大事にしたいい映画だった。

ストーリーを知っていても、幾度もこみ上げるシーンがあった。

教え子が無残にも散っていく姿や最後のラストシーンは、とても言葉では言い表せない気持ち...

映像もバックの音も良かった。

知れば知るほど人命軽視の作戦の愚かさが浮き彫りになってくるのだが、当時の情勢、気運がいかなるものだったのか?

文献は多いが、残念ながら肌で感じることはできません。

いろんな感じ方があっていいのだと思う。

あくまでも零戦は脇役であって、愛の物語です。

私の後ろの列で見ていた年配のご婦人二人連れ。

エンドロールが終わり席を立った頃、「わ~、なんだか涙がこぼれてとまらねちゃあ~。」と、瞼を真っ赤に腫らしながらも満足そうな笑顔を見せていたのが印象的でした。





Secret

TrackBackURL
→http://boscohome.blog28.fc2.com/tb.php/2704-5278268e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。