上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと危険ですが、屋根の上から。

13-12-02_001_201312030916183a3.jpg


これまで天窓をたくさんつけてきたボスコ.ホーム。

採光計算上絶対必要な場合と、より一層の明るさを求める為に取り付ける場合と様々ですが、10年以上経過すると様々な不具合が出てきます。

この日も天窓のトラブルで屋根に上がりました。

こちらのお宅の屋根勾配は4寸5分。

底辺が10mだとすると、高さが4.5mとなります。

足場がない状態だと、私の場合このあたりが限界。

結構恐ろしい。

屋根塗装の場合も安全のために足場が必要になり、塗装費用より足場代がかかることもしばしば。

屋根面で断熱する方法でやってきたので、屋根傾斜を強くすれば小屋裏を吹き抜けにしたりロフトにしたりとメリットがあるからそうしてきたのですが、天窓のトラブルは少なくありません。

10年後20年後の経年変化でどうなるのか、経験がないとなかなか気付かないもの。

経験不足の部分も多々ありました。

家づくりは、こちらをとればこちらがたたず的な選択の連続です。

この件に関わらずデメリットある場合は、今はお客様によくご説明してから判断してもらっています。





Secret

TrackBackURL
→http://boscohome.blog28.fc2.com/tb.php/2683-3663dc4c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。