上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今朝の新聞から。

もうすこし安くならないかなと思っていた、わが町の水道料金。

値下げのニュースが出ていました。

記事によると、近隣市町村が値下げしていることと、余剰金が10億貯まったかららしい。

RIMG1268.jpg

水道料金はご存知の通り、2ヶ月に1度の精算請求。

わが家は6人家族なので、ある程度の水道料は仕方ないとは思っていたが、節水対策をしないと3万円近く請求が来ることもあり大きな負担だった。

わが家の節水対策としては

蛇口に節水装置を取り付ける。

トイレのタップに節水重りを取り付け。

もちろん、洗濯は風呂の残り湯を使用し、シャワーも極力使わないようにしている。

それでも削減効果は2,000~3,000円。

天童市と比較すると、水道料金の設定が少々高いことは知っていたので、たとえちょっとでも値下がりはうれしい。

試しに自宅(寒河江)の上下水道料を、天童市の料金に置き換えて計算すると、寒河江市のほうが6%ほど高かった。

人口や設備設置の範囲など、様々な原因があるのだろう。

RIMG1270.jpg

尚、下水道料金料金も下がってくれるとさらにうれしいのだが。



さらに、もうひとつ。

猛暑日続きにもかかわらず、節電対策が効果を上げている。

RIMG1269.jpg

山形県内では震災前の2010年の夏に比べて、12.4%電力使用量が減ったそうだ。

こちらの節電は、主に家庭や小規模事業所の節電効果らしい。

東北人のまじめさ、忍耐強さが非常に良くあらわれていると思う。


だが、逆に気になることも...

先日、わが家の娘がおたふく風邪にかかってしまった。

ほっぺたの腫れはもちろんのこと、発熱もあり苦しんでいた。

心配で仕事合間の日中、娘の様子を見に行くと、「熱い、暑い」と言いながらもエアコンを使っていない。

扇風機は使うのだが、決してエアコンは使おうとしない。

「なんでエアコン使わないの?」と私が聞くと

「だって、地球が暑くなるから」と答えた...

節電は出来る範囲内でいいのだが、純粋な子どもはエアコンを使うと地球が暑くなる思っている。

自分が苦しいにもかかわらず、そうしないのは、エアコンを使うことに後ろめたさが芽生えているからだ。

様々な情報は、なんらかの目論見があって発信されているのであり、すべて真実とは限らないことを大人は知っているが、子どもはすべて真実として受け入れてしまう。

やはり最終的には、親がしっかりと教えてあげなければならない。

地球が温暖化していると仮定しても、電気使わないことが直接温室効果ガスを削減することに直結するものでもない。

事実は簡単なものではなく森羅万象様々な要因が絡み合って結果として今の現象があるだけで、実際に確かなものはだれも分からない。

地球が出来てから現在に至るまでもも、超温室効果ガスのメタンガスに覆われて全体が超高温になったり、地球自体が全球凍結したこともあるらしいではないか。

嘘ではないが、情報をどう伝えるかで大きく変わってくるものだ。


天気予報では、暑い日はもうしばらく続くようだ。

みんなの努力で12.4%も節電したのですから、エアコンが必要な時は正しく使って、体の負担を軽減しましょう。












Secret

TrackBackURL
→http://boscohome.blog28.fc2.com/tb.php/2479-b3547a36
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。