上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.02.21 すがもれ。
お客様の貸家が雨漏りするとの事で、板金屋さんと調査に行ったところ、「すがもれ」による雨漏りでした。


「すがもれ」とは?


日中暖房でとけた屋根の雪が軒先に流れ、夜になって軒先で凍ります。


融けたり凍ったりをくり返しているうちに、軒先部分が、氷と雪によってダム状態になり、鉄板のつなぎ目(瓦棒葺のキャップの部分が多い)から、屋内、または軒天内に水が侵入してくることを言います。


表面は雪でも、屋根に近い部分は水になっていて、いつも暖かくしている部屋の上はなどは、ジャボジャボ状態に。


屋根から熱が逃げやすく、勾配の緩やかな瓦棒葺の家に多いようです。


対策としては、軒先の氷を撤去して、ダムを状態を解消すれば治まります。


CAF2VZGY.jpg



春になったら瓦棒のキャップの部分に、コーキング処理をしたほうがいいかもしれません。


今年は雪が多く、普段は「すがもれ」しない家も、している可能性があります。


皆さんのお宅は大丈夫ですか。






Secret

TrackBackURL
→http://boscohome.blog28.fc2.com/tb.php/2388-ed35f4c7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。