上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.01.23 事後報告。
ここ最近、原子力事故の実態が次々と明らかにされている。

2号機の格納容器内の映像が報道されたのは一昨日のことだか、あわせて先日の山新にも、驚きの記事が載っていた。

驚きの記事とは、昨年の原発事故の際、東電の作業員全員が退避せざるを得なくなった場合、放射性物質の断続的な大量放出が1年続くとする「最悪シナリオ」を、当時の政権幹部に示された後、「なかったこと」として封印され、昨年末まで公文書として扱われていなかったことがわかった。というもの。

「最悪のシナリオ」の内容は驚くべきもので、半径170km以内は強制移住。希望者の移転を認める区域が250kmという途方もないもの。 まさに東日本は寸でのところで救われたことになります。

さらに、スピーディーでなかったSPEEDIの情報も、米軍にはスピーディーに伝えられていたことも最近明らかに...

「国民はパニックを起こすから、ひと段落ついて、ほとぼりが冷めてから公表しよう。」という考えのようです。

実際、スーパーから物がなくなるなど軽微なパニックはあったが、反面、日本人は冷静だったという報道も多くありました。

経済主導の中にあって、大量に電気を使っている(住居だけでなく)のも要因かもしれませんし、結果的に良かったのか悪かったの分かりません。

が、しかし、命に関わる問題を伏せるのは...

事実は事実として伝えてもらいたいと思います。

それによって、私達は何を選択し、いざという時にどう対応するのか。

常日頃の考えや、心構えが変わってくるというもの。

今回の「ストレステスト」に関する報道も、いまだ事故の収束に程遠いながら、結果ありきのように見えてしまいます。

一旦何かあれば、何十年(廃棄物は何万年?)も禍根を残す危険なものが、一部の人だけで簡単に決められて良いのでしょうか。

言い過ぎかもしれませんが、

国は真実を伝えないことがあり、経済は命や安全より優先されることがある。

のですね。

今回の事故で、多くの方が感じているのではないでしょうか。

ぜひ改善をお願いしたいところです。



Secret

TrackBackURL
→http://boscohome.blog28.fc2.com/tb.php/2365-096a95a1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。