上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨年お引渡ししたお客様より

「家が結露する」との連絡が

結露のしない(あったとしても非常に少ない)ボスコ.の家。

これはおかしい??

早速お伺いすると、仰る通りあちこちの窓ガラスとサッシ枠の下の方が結露している。


R0012235.jpg


なんだか通常のボスコ.の家より、ずいぶん湿度が高いと感じたので

生活状況をお聞きすると、加湿器を60%設定でお使いとのこと。

通常このくらいではあまり結露はしないので、24時間換気が正常に作動しているかチェック。

本体は動いているのだが、何故か吸い込みが甘い。

24時間換気本体の異常か、はたまた本体付近の配管経路に何らかの障害物あるかもしれないと想定。

本日、設置業者とおじゃまして再度調べたところ、原因が判明。






なんとこんなものが!





CIMG3089.jpg

鳥の巣です。

工事中に巣をつくり、外壁工事が終わった後に


CIMG3091.jpg

こんな感じでフタをされてしまったようです。



親鳥は外出中?でいなかったのでしょう。

養生はしていたはずなのですが...

はがれちゃったのか? 

鳥が養生とって入ったのか? 

そもそも養生忘れたのか?

今となってはわかりません。

お客様には大変ご迷惑をお掛けし、申し訳ございませんでした。

今度は正常に換気が行われますので、結露はおさまると思います。

こんなことってあるんですね。

巣づくり時期の配管工事は要注意です。



Secret

TrackBackURL
→http://boscohome.blog28.fc2.com/tb.php/1774-4686000c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。