上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/30より1/6まで年末年始休みとさせて頂きます。

長期のお休みとなり、なにかとご不便をおかけすることと存じますが、何卒よろしくお願い致します。


スポンサーサイト
先日、娘の通う幼稚園でおゆうぎ会がありました。

踊り子さんに変身して、はにかみながらもとっても嬉しそう。

R0012063.jpg

南の島のジャワの踊り子さんです。

女の子はきれいな格好をするととても喜びますね。

踊りも上手に踊れてとてもよかった。

素敵なプレゼントをありがとう。





連日の悪天候でどうなることかと心配していましたが、昨日無事に上棟式をおこないました。

建て方初日は、この時期久々の大雪で、どうなることかと思いましたが、現場で働く職人さんたちががんばってくれたおかげで、予定通り屋根のアスファルトルーフィングまで作業が進みました。

雪片付けが作業前の日課となり、半日雪片付けに追われた日もありました。

上棟日は好天に恵まれ、本当によかった。

R0012044.jpg

旧家の建替えのため、ご近所様も多くお集まり頂き、餅撒きや直会も行いました。

コピー ~ R0012046

3月末の完成に向けて冬場の工事となりますが、安全に気をつけていい物を造っていきたいと思います。

上棟、誠におめでとうございました。


トヨタが系列の部品メーカーに対し、部品価格を現行から3割程度引き下げるよう求めているそうです。

なんでも、今後3年内に実施する計画で、12年から販売する新車価格を抑えて需要を喚起するとともに、今後成長が期待される新興国市場での価格競争力を高めるためだとか。(一部記事抜粋)

世界企業は常に何年も先を見越して実行しています。

部品メーカーは世界中にあるのだと思うが、身近な県内の工業団地でもトヨタのパーツを作っている工場はたくさんあります。

昨年末のリーマンショック以降、山形でも工場勤めの方が、週に3、4日しか出勤しないなど生産調整もあったようですが、新たな波がまたきそうです。

コストダウンすることによって販売が拡大し、良くなるのかどうなるのかはわかりませんが、3割コストダウンは容易なことではないでしょう。

下請工場の体制自体も大きく変えないと、厳しいのではないのでしょうか。

グローバル化が進んだ世の中、工業製品の製作は人件費の低いところに流れるのは仕方ありませんが、生きるための仕事が、機械にうばわれ、さらに他国に急速に流れていってしまっている状況。仕事がどんどんなくなっちゃうんじゃないか?なんて思っている人が沢山いるんじゃないでしょうか。

とくに地方は。

資本主義が進めばこうなるわけで、他に真似できない素晴らしい品質のものを作っていくしかありません。

あとは政治か。

私のような庶民は、世界経済なんて考えても仕方が無いので、やれることを地道に努力するだけです。



ところで、話は古くなりますが、ジーンズ1000円?だっけ?

売れているのだろうか?

これで食っていけるんだろうか?

まあ、「スーパーのたまご」みたいなものかもしれませんが。

個人的価値観としては、ジーンズって古くなっていく風合いも楽しみの一つだから、無理してでも7000円位の買って長く穿きたいな~と思うのですが...








2009.12.21 建て方2日目。
建て方2日目。

生憎の大雪となってしまいましたが、現場には活気がありました。

棟梁からは「いい記念になる」とたのもしい一言も。

R0012028.jpg

きょうは除雪作業をして、2階床には養生を施しました。

R0012031.jpg

養生のブルーシートを切り抜いて2階の柱立て。細かい気配りありがとうございます。

R0012032.jpg

近年は雪が少なかったので、12月にこんなに雪に見舞われるとは思ってもいませんでした。

現場のみなさん、ほんとうにお疲れ様です。

悪天候が続きますが、25日の上棟式に向けて、事故のないよう安全第一でよろしくお願いします。


今週末、イベントが開催されます。

天童展示場ではこちら。

R0012022.jpg

e-ハウスビルダーの見学会で、東住宅産業さんと共催になります。


嶋展示場ではこちら。

R0012023.jpg

Y.スタイルのイベントです。

年末の気忙しい時期ですが、寒い今こそ、目に見えない住宅の性能が分かります。

多くのお客様のお越しをお待ち申し上げております。



2009.12.18 雪の朝。
ブログを御覧のみなさま、おはようございます。

久々の更新となってしまいました。

鶴岡あたりでは93センチの大雪のようでしたが、このあたりは10センチぐらいでしょうか。

そんな寒い朝の無暖房住宅の温度報告です。


天童市の今朝の最低気温は-2℃。


今朝(午前8時30分)の無暖房展示場の温度は

1階 16.9℃

R0012020.jpg

2階 19.0℃

R0012019.jpg

南側のパッシブスペースは 6℃ でした。

R0012021.jpg

1階はギリギリなので、少し補助暖房をした方が快適かもしれません。









ボスコ.ホームの協力業者会「緑創の会」でお世話になっておりました

N板金、N様がお亡くなりになりました。まだ40代の若さでした。


N様とは若かりし頃から本当にお世話になった先輩であり

ボスコ.ホームを創業の時から、心から支えてくださった協力業者さんです。


私が20代の頃から様々な方をご紹介くださったり、

スポーツやお酒の席など、事あるごとにお誘いいただき

若かった私に様々な事を私に教えて下さった兄の様な存在でした。


最後にお会いしたのは6月、奥様とごいっしょの時でした。


その後すぐに体調を崩され入院されたとお聞きし

心配していたのですが、昨日私の妻から訃報のの知らせがありました。


本当に残念でなりません。


Nさん安らかにお休みください。


謹んでご冥福をお祈り申し上げます。








今週末の12日(土)/13日(日)

村山市楯岡にて完成内覧会を行います。

内外両断熱仕様のエコレックスの40坪です。

今回の暖房は蓄暖。

断熱気密性能は 熱損失係数(Q値)=1.36W/㎡・k  隙間相当面積(C値)=0.7c㎡/㎡ です。

暖かい家に興味のある方は、ぜひ見に来てください。

コピー ~ 091212_Bosco楯岡見学会1



2009.12.07 実験。
実験といっても、非常にアナログな実験をしてみました。

蓄熱式暖房機は15センチあらゆるものから離せ。というメーカーからの指示があるのですが、実際の生活のなかでは、「こんなこともおきるのではないか?」的な実験です。

蓄暖機のまえに、ティッシュペーパーが落ちて、送風口にひっかかってしまった!という設定です。

R0011956.jpg

R0011955.jpg

注意深く見守ること、1時間経過...

R0011957.jpg

紙の発火点はおよそ300℃ですが、全然大丈夫でした。


ちなみに蓄暖機の送風口の端の方は、若干ですが送風が行きづらいようになっているようでしたが。





2009.12.05 新型。
ついに新型インフルエンザがわが家にもやって来ました。

先週の火曜日に小2の息子が罹患。40℃の高熱が...

続けざまに娘、末っ子、妻へと感染。

感染力は評判どおり強い。

水曜日と木曜日は看病と様子見でお休みさせていただいたのですが、昨日ぐらいから私も若干熱っぽく昨日の夕方で37.5℃。

すぐさま妻のリレンザを吸入し、今日はほぼなんとも無いが、今回の新型インフルエンザは40歳以上の世代には何らかの免疫があるらしく?、あまりひどくならないようだ。

とはいえ、周囲にも迷惑かけられないので...微妙な判断で仕事をしています。

皆様もどうぞお気をつけ下さい。




2009.12.01
産業技術短期大学校さんへお邪魔しました。

断熱材の実験をお願いしている部屋の中で

硝子部分の実験も行ってもらっています。

右側は透明ガラス、左が側はプチプチを施した硝子です。
(※プチプチは仮止めのため実際の効果がでていません)

P1030245.jpg

サーモグラフィーカメラで見ると開口部が真っ青。

P1030244.jpg

内側はめ込み式のペアガラスを右側だけ閉めると

P1030247.jpg

サーモグラフィカメラは右側が壁の色と同じになりました。

P1030243.jpg

開口部からの熱損失はとても大きい事が分かります。

これから寒い冬がやってきます。

窓、開口部対策は快適さの重要なポイントですね。



P1030248.jpg

グラフとも違いこのサーモグラフィーカメラ一目で理解できます。

P1030250.jpg

E先生とは13年間に及ぶ、地道な実験にご協力いただいてきました。

本当に継続は力になっています。

P1030254.jpg

私達の商品を実証するために活躍してきた

実験棟を久しぶりに見た時は嬉しくなってきました。

これからも、お客様に更に快適で環境にやさしい商品を提供できるように

コツコツ頑張って行きます!





2009.12.01 気密測定。
エコレックス工事日記。

気密測定実施状況です。

写真の都合上順序が逆になってしまいましたが、今日のアップとなりました。

ボスコ横尾邸 001

ボスコ横尾邸 002

こちらのお宅はすべての隙間をたして、124c㎡。

隙間相当面積は0.7c㎡/㎡となります。

高断熱は目に見えますが、高気密は目に見えません。

ボスコ.ホームでは、1棟1棟測定し、気密性能を証明しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。