上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だれだって、けなされるよりほめられたい。

IMG_0184.jpg

だれだって、素直な気持ちの時だけ、助言、苦言を受け入れることができる。

自分だってそうじゃないか。

日々、細かいケチやグチが多くなっていないだろうか。

ましてや、子どもであれば、親がほめてあげないで、だれがほめてくれるのか。

自己肯定感こそ、やる気、成長の源、そして困難を乗り越える力となるはず。


「ほめて愛していると、よくなってくる。 

いいね、素敵だよ。 

言う側も気持ちがいい。

人も物も、慈しめば輝く。」


そんな人間になりたいから、この言葉を忘れないようにしよう。




スポンサーサイト
倫理法人会の日めくりカレンダー。

RIMG3773_2014020210014575b.jpg

「喜びの働きから活力が湧く」

私たちも、お客様から喜ばれてこそ活力が湧く。

苦しいことも、その先に希望や喜びがあるから耐えられるのだ。

逆に言えば、本当の喜びは努力と苦労の先にしかない。

まずはなんでもやってみることだ。

やってるうちに、気力も自然に湧いてくるのだと思う。


感謝の心が一番大切です。

感謝しないと人間は崩れちゃうね。

優秀すぎる人は感謝を忘れて、

自分がやったと思うから失敗がはじまする。



保険のない国からやってきた。

言葉の壁を乗り越えて日本でトップセールスとなった。

毎年優秀成績者として表彰され続けたが、

賞状を手にするたびお客様一人ひとりの顔が浮かび

感謝で胸がいっぱいになったと言う。


月刊致知「明日をひらく言葉」より引用いたしました。


俺が俺が私が私が

そんな心を捨てて感謝の心が一番ですね。

仰ぐべき師を持たぬ人生は
大きな不幸である。


「荀子」はいう。

人には三つのよくないことがある。

幼いのに年長の人につかえようとせず

卑賤(ひせん)なのに貴い人につかえようとせず

愚かなのに賢者につかえようとしない。






月刊致知「小さな人生論」の言葉より引用いたしました。
禍を試練と受け止めて前進せよ。

今からでも遅くはない。


しいのみ学園園長 星地三郎氏の言葉



「今からでも遅くはない。」

90代の時の言葉だそうです。

震災後の今この言葉は勇気を与えてくれます。



致知が贈る「明日をひらく言葉」より引用しました。
P1050288.jpg

震災直後の卒業式を無事に終えてから数日ぶりに、

息子A太がお世話になりました

M先生、S先生とお会いする機会がありました。


画像は6学年が1年間テーマに掲げた最後の4字熟語

「寸草春暉」先生のお話の中から子供達に対する

想いが伝わってきました。

今更かもしれませんが書かせていただきました。


この言葉を学んで実際に何を思ったのか、どんな行動をしたのか

A太と話して見ようと思います。


M先生、S先生大変お世話になりました。

何より我が家の子供達は寒河江小学校で、

先生方と巡り合って本当に良い

小学校生活を送る事が出来たようです。


本当にありがとうございました。


機会があればこれからも子供達にご指導ください。

M先生、S先生、寒河江小学校の教職員の皆様の

益々のご活躍を心からご祈念申し上げます。






子供達が学んだ4字熟語「学知利行」

「この世で、我慢の時なくして夢を実現した人は一人もいない。」

1回戦敗退が常だった弱小チームを十度の全国制覇を成し遂げるまでの

強豪校に育て上げてきた名将は、

「夢を追うなら、我が身に降りかかるすべてを積極的プラス思考で受けとめ、

簡単に諦めないこと。それが人生を開いていく基本」と熱く語る。

東北福祉大特任教授、

元古川商業高校女子バレーボール部監督

国分秀雄氏の言葉。

致知が贈る「明日をひらく言葉」取り引用させていただきました。


今こそ、復興に向け高い志を持ち行動し続けたいものです。


一日も早く復興されます事を心よりお祈り申し上げると共に

微力でも皆様のお役に立たせていただく所存でございます。


3月11日今日の日めくり。

P1050186.jpg

毎月、この文章と出会うといつも考えさせられるものがあります。


以下は、日めくりから引用させていただきます。

米永さんは宮本武蔵「五輪書」にある「いつく(居着く)は死ぬる手なり」

という言葉がすきだという。

「いつく」は安定するという意味で安定したら死、負け。

だから絶えず修行して進歩しなくてはならないというのである。

仕事も人生も「これでいい」というものはない。

現状に満足せず、生涯修行の心構えで、常に向上心を持ち続けたいものだ。


月刊致知 致知が贈る「明日をひらく言葉」より引用させていただきました。



3月3日今日は雛まつり。

今日の日めくりでこんな言葉に出会いました。



見事な人生を生きた人たちは例外なく、

「物事を前向きに考える」

「感謝の心を忘れない」

「愚痴をこぼさない」

「明るく謙虚である」

という方向に、自分の心を鍛え続けてきた

人たちである。


見事な人生でであろうが、見事でない人生であろうが

どのような場面でも

このような心で生きて行きたいですね。



※月刊知致 「小さな人生論」の言葉、より引用させていただきました。









Fさんおはようございます!


今日の言葉です。


「ないものを嘆くのではなく、あるものに目を向ける」


火事により、経営していた店とともに愛する妻と三人の幼子

を一度に失った小川氏は絶望のどん底で、自分がいかに多くのものを

与えられていたかに気づき、立ち直りのきっかけを得たという。

人はとかく感謝を忘れて不平不満ばかり抱きがちだが

当たり前の日常の有難さに気づく事で、

人生は大きく変わる事を教えられる。


小川与志和 氏  「和た与」店主


※致知が贈る「明日をひらく言葉」より引用させていただきました。


2011.02.23 今日の言葉
23日今日の言葉

「人を恨む行為は、限られた人生をつまらなくする。」

相手を恨むエネルギーがあるなら、逆に妻が生きていた事に感謝するほうに

注いでいきたい。

松本サリン事件被害者、河野義行さんの言葉。

「明日をひらく言葉」より引用させていただきました。

沼川

もう一つの日めくり

「人を責めず、攻撃せず。」

人の傷にさわらぬ優しさ。

責めを自ら背負う厳しさ。

人間の器量が今日も試される。


今日は寒河江駅前沼川沿いからの日の出です。

今日もきっといい出会いがありそうな気がします。



レジに並ぶ時は空いているレジに急いで行かない。


レジに並ぶ時、前のお客様がもたもたしていても

一歩距離をおいてゆっくりどうぞという雰囲気を自ら出す。


その時、決してイライラした態度をとらない。プレッシャーをかけない。


いつもゆったりとした気持ちで余裕を持って行動する。


人の役に立てる生き方を心がける。

なかなか難しかったら、1円でもよいので募金してみる。




良い生き方。良い仕事と巡り合う方法だそうです。













2011.02.04 日めくり
2月4日。

今日の日めくりカレンダー。

P1040843.jpg

以前も専務の日記で紹介しました。

※月刊致知日めくりカレンダー「明日をひらく言葉」より引用させていただきます。

「最大のサービスとは君の人格を上げることだ」

知識やノウハウも必要だが、一番必要なのはそれを用いる人間の質である。

と記載されています。

毎月この言葉と巡り合っていますが、

その時によって感じ方が変わります。

この文章から非常に自分の甘さを感じたりさせられます。


皆さんどう感じられましたか?

2010.12.22
昨日は午後から米沢へ。

お客様の会社の会合へ参加させていただきました。

空いた時間を利用して一人上杉神社へ参拝。



P1040619.jpg

いい言葉ですね~。

P1040620.jpg

志の高さがとても伝わってきます。


会合が終わり、講演会へ。

公演されたのは女優の小山明子さん大島渚さんの奥様でした。

旦那様が突然病に倒れ、現在も介護、仕事を両立され、

いつも心には

「成せばなる、なさねば成らぬ何事も、成らぬは人のなさぬなりけり」

を、想い愛する旦那様との日々の生活を公演されました。


「女優を捨てたら楽になった。」

この言葉がとても印象に残りました。


最後に小山さんとお食事させていただくご縁をいただき

サイン

介護の大変さ、ご家族や旦那様を想う愛情の大きさに

勇気をいただいた気がします。

サインまで書いていただき人間のありかたを学びました。

今日は勉強させていただきました。



ボスコホームはこんな会社です。
http://www.boscohome.co.jp/corporate/index.html
2010.11.24 「学知利行」
寒河江小学校へおじゃましました。

6年生のオープンスクールの廊下に

gakuchi

いい勉強してますね~。



人として歩むべき正しい道を学び

役に立つと認めて実践すること。


   「学知利行」


素晴らしい大人になってほしいと思った一日でした。



お客様を訪問した際に

「黒田さん子供好きだべ。子供の野球も好きだべ。」

「黒田さんこの間いい言葉聞いだのよ~!」



「ぜひ、教えてください!」

と私。



ボイスレコーダーに録音されたメモから教えていただきました。



  赤ん坊のときには肌をはなすな。

  幼児のときには手をはなすな。

  子供のときには目をはなすな。

  少年のときには心をはなすな。


我が家の子供は、中学2年生と小学6年生。

子供と少年の分岐点。


  少年のときには心をはなすな。


すごく私には心に残る言葉でした。


今日は寒河江小学校のマラソン大会があり

P1040192.jpg

目も心も離せないマラソン大会でした。

子供達の頑張る姿は素晴らしかった~。


今日のタイトルは何故か関西弁。

桑田真澄投手のブログ更新のタイトルです。

野球好きな方も、そうでない方もなかなか良いブログでした。


倒れたってええやん!


良い言葉だな~~。


「過ちて改むるに憚ることなかれ」
 あやまちてあらたむるにはばかることなかれ。

失敗してクヨクヨするのではなく、

経験を通して人は磨かれ成長していく。

失敗しても、最後まで目標を見失うな。

打つ手は無限。

出来ないのはではなく、出来ると信じやる気を出す事。


その通りですね~。

さぁ~がんばろう!




2008.01.29 勇気
私の大切な方よりある言葉をいただきました。


「21世紀に最低限必要な20勇気」

 1.失敗を恐れない勇気    

 2.行動する勇気

 3.恥をかく勇気        

 4.時価の自分と向き合う勇気

 5.決断する勇気          

 6.野心を語る勇気

 7.耳に痛いアドバイスを聞く勇気 

 8.責任を取る勇気

 9.撤退する勇気

10.収入の大幅ダウンを恐れない勇気

11.面子を捨てる勇気

12.泥にまみれる勇気

13.人に叱られる勇気

14.意義を唱える勇気

15.言いわけをしない勇気

16.群れない勇気

17.逃げ道を断つ勇気

18.長いものに巻かれない勇気

19.自分を主張する勇気

20.自分よりも優れたものを認める勇気

      ※(落合信彦著「勇気の時代」より)

良い先輩を持って幸せです。いつも「がんばれ」と様々な形でメッセージを

いただいています。生き方の基本がこの文章にある様な気がします。

良縁に感謝します。


こんにちは!


愛読している月刊誌に二宮尊徳先生の言葉が載っていました。


遠くをはかる者は富、近くをはかる者は貧す

それ遠きをはかる者は百年のために杉苗を植う。

まして春まきで、秋実る物においてをや。

故に富有なり。

近くをはかる者は春植えて秋実る物をも

尚遠しとして植えず唯眼前の利に迷うて

まかずして取り植えずして刈り取る事のみ眼につく。

故に貧窮す。


もう一つ、


人生生まれて学ばざれば生まれざると同じ

学んで道を知らざれば学ばざると同じ

知って行うこと能ざれば知らざると同じ


良い言葉に触れると、心がスキットします。


人生や仕事について考えさせられる言葉でした。
日めくりカレンダー「明日を開く言葉」の言葉



「勝っておごらず、負けてひがまない人生を送る。」



今日はゴールドアスリーツ理事長 伊藤智也氏の

言葉とめぐり会いました。


原因不明の病気と発病、治療法も見つかっていないが

自分の限界にチャレンジ。


車椅子の陸上競技で世界記録を更新し続け

ひたむきに車椅子をこいで走る姿が世界の人々の胸を打ち

ギリシャマラソン博物館の殿堂入りを果たしたそうです。



※致知が贈る「明日をひらく言葉」より引用させて頂きました。



自分の現在を考えると、反省すべき事が多くあります。




環境に関して、私達の仕事で本当にお役に立てる事を真剣に

考えたいと思った文章です。


久しぶりに展示場にお見えになったK様。

ご挨拶を交わし世間話をしていると

K様からいい言葉を聞かせていただきました。

「頼まれ事は、試され事。」

周りの人に、お願いされた事を軽く考えずに、

たとえ缶ジュースを買ってきてくれと頼まれても、

のどが乾いた方の為に最善の速さで、

頼んでくれた方の期待を超えてみよう。

頼んでくれた人は、たとえ小さな事でも

あなたを信頼して頼んでくれるのだから。

小さな事をおろそかにしていませんか?


自分なりに解釈すると、この様な内容です。


そう考えると、すべて私達は試されているのでしょうか?



2007.07.15 いま何℃?
おはようございます。

会社にある日めくりカレンダーに

こんな内容が書いてあった。


てんぷら油を170℃にすれば

3分でうまい海老天が揚がる。

40℃の油に10時間海老を入れたって

てんぷらはくったりするだけ。

君の努力は40℃



日めくりカレンダー「明日を開く言葉」森下篤史氏の

言葉が掲載されていました。


何気なくめくっていたが、なんとなく気になって仕方が無かった。


俺の心は何度かと自問すると・・・・・・・・・・・・・・・


日記をご覧の皆さんは何℃でしょうか?
こんにちは!

はっきりしない天気ですね!



今朝朝礼で、いつも使っている教材に


「世の常のことでも、親を大切にせぬような子は、

 何一つ満足に出来ない。」


親の生き方から学ぶこと、

親の長所、美点を真似ることから、

自分自身の持っている素晴らしさが

発揮される。

と記述してありました。


昨年父が他界してから、

こんな時親父ならどうしたかな?

と、思うときがいく度かありました。


身近にいると、感謝の気持ちも忘れてしまいがちですが

これからも、健在かを問わずに

親を大事にし、手本にしていきたいと

感じた文章と出会いました。


今日は、道徳的な話で終了します。

みなさん、こんにちは。

今日は米沢に来ています。

もちろんお仕事でお打ち合わせです。

その帰り、日頃からお世話になってるI社長の

所に寄らせていただいた時、石碑が玄関前に

飾られていました。

石碑


一途であれ 一心であれ 

坂村真民先生の言葉です。

思わず立ち止まってしまいました。

I社長の許可を頂いて画像に納めさせていただき

日記で公開しています。


今日はいい言葉との出会い感激してしまった。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。