上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.04.14 2×4工法。
2×4工法、建て方終了後の現場です。

IMG_1539.jpg

IMG_1540.jpg

IMG_1541.jpg


通常の軸組み工法との違いお解りでしょうか?

良く見て頂くと一本物の柱がなく、すべて事前にパネル化してから現場で組み立てます。

接合は2×4専用釘、金物で行います。

メリットは簡易準耐火、建て方から完成までの工期が早い、モノコック構造なので耐震性が高いなどです。

デメリットは建て方工事に時間がかかる、間取りの自由性が少ないなど。

北米の家はほとんどこの工法で建てられており、歴史ある札幌の時計台もほぼ同じ工法で建てられています。





スポンサーサイト

雪がチラホラと舞うまさかの寒空。

昨日までの20℃越えが嘘のような天気でしたが、元気に地鎮祭を行いました。

IMG_1532.jpg


日あたり抜群の場所なので、パッシブスペースを設けたボスコらしい家になる予定です。

7月完成の予定、どうぞよろしくお願いいたします!




着工に向けての整地作業。

IMG_1490.jpg
IMG_1495.jpg


神町は総じて地盤が良いようです。

こちらの土地は地盤改良の必要がありませんでした。

水はけのよい果樹畑だったところは、地中が礫層の場合が多く良好な地盤となります。

土地選びの大きなポイントです。







建て方工事の現場も順調に進み、屋根まで進みました。

IMG_1454.jpg

今回はこのような金物工法です。

IMG_1451.jpg

IMG_1448.jpg

木材の継ぎ目部分はすべて金物で接合。

木造軸組工法も様々な方法があります。







建て方工事はじまりました。

IMG_1438.jpg

IMG_1439.jpg

IMG_1440.jpg

IMG_1446.jpg

2階桁まで到達。

ここまでおよそ半日、グングン進みます!



2016.03.19 足場組立。
土台を取付後、足場組立。

IMG_1424_201603191319521cd.jpg

3人での組み立て作業。

IMG_1425.jpg

何もないところにどんどんくみ上がる足場。

IMG_1426.jpg

高いところが苦手な人には出来ない仕事です。




2016.03.15 テーブル。

焼肉屋さんのテーブルです。

IMG_1395.jpg

作業場で数台製作。

店舗の家具工事は現場合わせのフルオーダー。

ビックリするぐらいの相場ですが、大工さん製作であればグッと費用を抑えらえます。

みはらしの丘に4月上旬オープン予定です。



基礎が出来たら、足場に先行して、上下水道管の外部給排水管埋設工事です。

IMG_1390.jpg

IMG_1389.jpg

下水管は最低基準以上の水勾配をとらないと、汚水の流れが滞ってしまいます。

計画の際には、より良好な勾配がとれる位置に水回りを配置することが大事です。

家相よりも大事なことです。





基礎型枠の撤去です。

鋼製型枠なので、鉄板でできています。

足場屋さんと基礎屋さんは力持ちでないと勤まりません。

IMG_1384.jpg

きっと筋肉ムキムキです。


そういえば、今日は県立高校入試試験日ですね。

受験生の皆さんがんばって!


新築した時はこれでいいと思っても、家族の成長に合わせて使いやすい間取りは変わってきます。

とくにお子様の成長や、家族の高齢化に伴い改修を要する場合が出てきます。

ある程度の先を見越した計画が必要です。

IMG_1126_201603030913518b1.jpg

IMG_1339.jpg

IMG_1341.jpg

予想した計画とは違ってしまいましたが、フリースペースを子ども部屋に改造しました。

鉄筋工事中ですが、養生をきっちりやると次の仕事がやりやすい。

IMG_1343.jpg


このような仕事をすれば、自ずと仕上がりも綺麗になります。

養生費用や仮設費用は工事をするには必要ですが、施工品のパーツになるものではありません。

単価を安くすれば、このような手間をかけられないことも出てくるのではないでしょうか。

ましてや、請負は建売と違いお客様が常に注意をもって見ていらっしゃいます。

私たちのような地元の請負専門建築会社は、建物と同時に「信頼」という無形の財産を作っていく行かなければなりません。










2016.02.25 杭打ち完了。

くい打ち工事完了です。

IMG_1316.jpg

転がっているのは、余分な杭頭をカットしたものです。




長期優良住宅の現場。

長期優良住宅では、地盤調査で杭打ち工事が必要と出れば、必ず行わなければなりません。

3mほどのPC杭を36本。

IMG_1306.jpg

まずは、オーガー(ドリルのようなもの)で下穴をあけて

IMG_1307.jpg

垂直を確認し、支持層まで打ち込みます。

IMG_1311.jpg

打つというより挿入といった感じです。打撃音は出ません。

IMG_1314.jpg

杭の長さによって費用が変わりますので、土地選びの際には地盤も考慮しましょう。



事務所の隣で、工事が始まりました。

IMG_1275.jpg

これ以上近い現場はありません。

管理もラクラクです!


外壁に木板を張っています。

IMG_1263.jpg

このように雨の当たらない場所だと、塗装や材料の劣化の心配もさほどすることもなく、経年美を表現することが出来ます。

住まいのワンポイントにいかがでしょうか?



こちらの現場では、ボスコオリジナルの制作キッチンが据え付けられました。

IMG_2088 - コピー

家づくりに、あなたのオンリーワンを取り入れてみませんか?



2016.01.31 カンナ掛け。
店舗のカウンター。

P1304040.jpg

P1304038.jpg

きれいな板目は、カウンターにもってこい。

奥行きがあって自動カンナに通せる幅ではないので、大工さんの手作業でカンナ掛けです。

機械でやればあっという間の作業でも、人力でやれば、丸1日。

肩腕廻りに相当な筋力が付きそうです!





2016.01.17 断熱工事。

現在進行中の現場。

断熱施工の様子です。

CIMG6251.jpg

熱反射材の付いたウレタンボードで、建物外周全体をすっぽり包み込む外断熱工法。

CIMG6253.jpg

ボード継ぎ目の厳重な目張り施工と、木材貫通部の発砲ウレタン処理。

ボスコの家の気密性能(㎡あたりの隙間相当面積=C値)は

建物が単純な形状だとC=0.1/㎡が過去最高。

複雑な形状の建物においてもC=1.0/㎡以下を確保しています。

断熱性能は素材と厚さで分かりますが、気密性能は見えない部分。

外断熱22年の経験が、安定した施工品質を生み出しています。

さらに内断熱をプラスして、冬は暖か、夏は涼しい家の完成です。

CIMG6249.jpg

こんな仕様で家を建てれば、室内温度環境ははとても快適です。

もちろんランニングコストも少なくて済みます。

いかがでしょうか?

今までお住まいの家の断熱改修工事も承っています。









2015.12.24 祝上棟。
山形市内の現場。

無事上棟しました。

CIMG6119.jpg

CIMG6117.jpg
熱反射材のついた屋根の断熱施工が、冬の断熱だけでなく、夏の暑さにも大きな効果を発揮します。

CIMG6129.jpg

CIMG6121.jpg

この時期雪がないのは有難いです。



山形市内の現場。

床下が寒くないW断熱仕様の基礎です。

CIMG6074.jpg

基礎工事完了し、来週から建て方工事始まります。

来週末の天気はちょっと悪そうですので、安全第一で施工を進めたいと思います。

今年は雪が少ないとの情報もアリ、建築業者としては暖冬を願うばかりですが...





鉄筋検査の様子です。

CIMG5993.jpg

基礎などの構造上重要で、かつ隠れてしまうところは第三者機関の検査が行われます。

施主様も立会いのもと、入念なチェックが行われ無事合格。

CIMG6013.jpg

その後、土間スラブの打設が行われました。

施主様から施工中の現場を見て頂くとは、とても大事なことです。



2015.11.27 無事上棟。
山形市みはらしの丘の現場。

先日、無事上棟しました。

CIMG5958.jpg

CIMG5959.jpg

CIMG5994.jpg

コストコや結婚式場も出来て、だんだんと賑やかな街になってきました。






2015.11.13 店舗工事。

店舗工事の現場です。

IMG_1020.jpg


既製品を使わず、ほぼ自社職人が制作しました。

手づくり感のある内装は、使い込むほどに味わい深くなっていきます。



天童市内にて、造成工事始まりました。

IMG_1003 - コピー

IMG_1001 - コピー


外工事の場合、天気予報がとても気になります。

雨天だとドロドロになって、なんとも工事が進みません。

工程が延びれば、工事原価も上がってくるもの。

天気はとても大切なのです。

空きも深まり、もうすぐ冬がやってきます。

みなさん、冬の支度は大丈夫ですか。

こちらのお宅ではお隣に家が新築されたため、軒先の雪が隣地に落下しないようにスノーストップを取り付けました。

IMG_0992.jpg

これで安心です。




店舗改装工事が急ピッチで進んでいます。

IMG_0969.jpg

こちらはベーグル屋さんになる予定。

自社職人による施工です。

寒高グランド北側。

オープンの際はお知らせいたしま~す。





2015.09.10 塗り壁。
玄関廻りを塗り壁で仕上げました。

下塗り、中塗り、仕上げと三工程。

中塗り後

塗仕上


手間はかかりますが、質感はなかなか。

目立つ壁面の一部だけでも、大分印象変わります。




天童市内の現場。

南面はほとんどパッシブスペースとなっています。

IMG_0752 - コピー

完成までもう少し。

こちらの現場は見学会を行う予定ですので、また近くになりましたらご案内いたします。






工事進行中の寒河江市内の現場の足場が外れました。

IMG_0727.jpg

IMG_0733.jpg

外装工事が終わり、あとは内装仕上げと設備機器取付を残すのみ。

こちらは2×4工法の現場ですが、仕上がると躯体の工法が何かはほぼわかりません。

ここまでくれば、あと2~3週間で完成です。









2015.08.20 工事進行中。
天童市内に工事中の現場。

外装工事がほぼ完了。

IMG_0714_2015082009120937c.jpg

足場で見えませんが、きれいにタイルが張り上がりました。

外装タイル張は、先々のメンテナンスを考えるとお勧めです。


内部も順調に工事進行中。

リビングの吹き抜け。

IMG_0697_201508200912048a5.jpg

パッシブスペース。

IMG_0698_201508200912066ab.jpg

2階ホールの手摺子は大工さんの手作り。

既製品にはない味わいがあります。

IMG_0699.jpg

こちらのお宅は随所に自然素材を使用。

よって、経年変化による味わいが生まれます。

木工事もあと一週間で完了予定です。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。