上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週末の22、23日(土日)天童市内にて見学会を開催致します。

今までブログで天童市エコレックスDXシリーズとして、進捗状況をアップさせて頂いた現場です。


外観です。

R0011158.jpg


LDK内観です。

R0011163.jpg

みどころは

太陽光発電。

白と黒を基調とした内装。

吹抜けのあるLDK。

固定階段でつながる7.5帖大の小屋裏大収納。

内外両断熱仕様、熱損失係数=1.47W/㎡・kの断熱性能。

眺望を生かした間取り。

こんなところでしょうか。

たくさんのご来場をお待ち致しております。

090822_Bosco若松見学会2

↑チラシ写真クリックで拡大します。


スポンサーサイト
定期更新している天童市エコレックスDXシリーズ工事日記。

足場も外れ、外観がよく見えるようにになりました。

R0011034.jpg

塗装工事は完了し、現在はクロス工事です。

こちらはパテ処理。

下地を平らにして、クロスを貼っていきます。

R0011030.jpg

まずは天井から貼っていきます。

R0011031.jpg

今回はクロス仕上げですが、ドライウォール(塗装壁)や塗り壁も、ボード下地までは同じです。



こちらはタイル貼り工事。

下地をモルタルで調整(高さ、水勾配)して、タイルをネット貼りしていきます。

R0011032.jpg

お盆明けに完成予定。

見学会も8月22、23日行う予定です。




2009.07.20 塗装工事。
続けて更新しているエコレックスシリーズ工事日記。

先般大工工事が終わり、いよいよ仕上げ工事に入りました。

写真は塗装工事の様子です。

R0010965.jpg

R0010966.jpg

内装の雰囲気に合わせてホワイトに着色。

1回塗ったら乾かしてから2度塗りします。

最後にウレタンをかけて完了。

既製品を使わないので、お客様の好きなイメージにカスタマイズできます。


外部は足場のネットもはずれ、家の外観もわかるようになりました。

R0010967.jpg

完成まであと1ヶ月です。


木工事完了しました。

小屋収納も完成。

R0010952.jpg

一番大事な大工仕事をして頂いた川口技建さんです。

R0010954.jpg

棟梁はじめ、みなさんキレイな仕事をして頂きありがとうございました。

ボスコ.があるのは、協力業者の皆さんのおかげです。

次の現場もよろしくおねがいしますね。




こちらは、24時間換気システムの本体部分です。

R0010727.jpg

四角い本体から伸びるタコ足の先端から、各部屋から汚れた空気を吸い込み外に捨てるわけです。

先日の気密測定は、隙間風が家に入らないようにするのはもちろんのこと、この24時間換気システムが、きちんと計画通り機能するための裏付調査でもあります。

隙間が多いと(気密性能が悪いと)計画通り換気できなくなってしまいますからね。





2009.06.30 気密測定。
気密測定を行いました。


R0010868.jpg


R0010869.jpg


開口面積は、118㎡と出ました。

この家全体の隙間を全部集めると、118㎡ということ。

家全体の容積を計算して、隙間相当面積(C値)をだすのですが、

だいたい0.7c㎡/㎡ぐらいになりそうです。

次世代省エネ基準(2地域)以下で2c㎡/㎡ですが

24時間計画換気が、きちんと計画通りに換気するには1c㎡/㎡以下の性能が必要とも言われています。

今回の気密測定で、多少の経年変化を考えても十分な気密性能があることが実証されました。











太陽光発電パネル設置しました。

サンヨー電気製、210wパネル×15枚で合計3.15kwです。

サンヨー電気の太陽光パネルは発電効率世界最高です。

ということで、自慢はさておき(笑)


施工前。

コピー ~ R0010851


施工後。

R0010854.jpg

天気もよくグングン進みました。

O電気さん、Kさん、高所作業お疲れ様でした。




2009.06.09 断熱工事。
断熱工事がだいぶ進みました。

外断熱部分は施工完了。

R0010688.jpg

ネットが張ってあって良く見えませんが

R0010691.jpg

こんな感じで柱の外側から両面に熱反射フィルムの施してある断熱材で躯体をスッポリ覆います。

気密はブチルテープ(写真の黒いテープ)や発泡ウレタンで施します。

R0010693.jpg

内側も熱を反射するようになっています。

ここに更に付加断熱を施していくわけです。

R0010697.jpg

屋根は付加断熱も完了です。

2階の床は合板貼りの上に遮音と防火のために石膏ボードを貼ってからフローリング貼りの3重構造です。

R0010695.jpg

次は気密測定ですね。






続けてアップさせていただいてる、エコレックスDXシリーズの現場報告。

屋根葺き、

R0010592.jpg

耐力壁、補強金物取り付け。

R0010594.jpg

ホールダウン金物は前は3階建てにしか使いませんでした。
R0010596.jpg
R0010597.jpg

補強金物も日々進化しています。

土台に使ってるヒバ材はシロアリがつきにくいので、防蟻処理は特に必要ないのですが、一応外周部と水廻り部分には処理を施します。

R0010595.jpg

検査機関の上棟検査も無事合格。

R0010617.jpg

休憩時間は職人さんの大事な打合せ時間でもあります。

本当にお疲れ様です。

みなさん、お仕事楽しそうですね!

いよいよ断熱工事に入ります。

R0010618.jpg

工事は安全第一!

引き続き良い仕事をお願い致します。





建て方工事が終了しました。

R0010569.jpg

屋根垂木のうえにウレタンボードを貼っています。

両面に遮熱材が施してあります。

R0010574.jpg

このように通気層をとりますので、夏も涼しく過ごせます。

R0010573.jpg

屋根で断熱するので、このような小屋裏2.5階建てがしやすいんです。

R0010571.jpg

風が強く吹く日もありましたが、おおむね天気に恵まれました。

今後の工事は、屋根葺き、補強金物、耐力壁施工と進んでいきます。


続けてアップさせていただいている。

天童市内の現場。

今日から建て方工事です。

R0010562.jpg


午後3時の時点で、2階柱の頭つなぎまで進みました。

R0010563.jpg

2階床は根太落とし工法。

床が面剛性になり強度が高く、2階の筋交い等の耐力壁も床がしっかりしているので良く効きます。

なかなか立派な床組みではありませんか。

R0010564.jpg

柱間が1間(1,820㎜)の場合は通常、梁の高さが120mmなのですが、ボスコは210mmが標準です。



続けてアップさせていただいているこちらの現場。

コピー ~ R0010559


基礎が完成しました。

なかなか立派な基礎です。

そして、いよいよ今週末上棟です。

まずは、安全のために先行して足場をかけて、土台取り付け⇒1階柱立て⇒梁で柱の頭をつなぎ、2階床組み⇒2階柱立て⇒小屋組みと進みます。

よく基礎工事の段階だとお施主様に「えっこんなに小さいの??」な~んて言われることがありますが、建て方が終わると「あ~意外と大きいなあ!」に変わります。

絵に描いたものが出来ていくって楽しいですね。




続けてアップしている基礎工事が完成しました。

設備配管が済んでないので、外周部の埋め戻しはしていませんが、これでおおよそ基礎工事完了です。

R0010525.jpg



内外両断熱仕様は、基礎も断熱材でサンドイッチします。

ボスコ.はあとで手を入れにくいところにお金と手間をかけて行きます。



先日アップした基礎工事。

こんな感じで進んできました。

防湿シートを敷いて、断熱材を敷き込み、スラブと立ち上がり部分の鉄筋組み、外周部の断熱材と型枠完了です。

コピー ~ R0010472

鉄筋検査を受けて、合格後、土間スラブコンクリート打設。



今は土間コンクリートも乾き、内部基礎立ち上がり部分の型枠組です。

コピー ~ R0010491

天気が良いので、予定通りどんどん進んでいきます。




2009.04.24 基礎工事。
基礎工事です。

コピー ~ R0010467

ベタ基礎です。

図面で言うとここですね。

R0010469.jpg

いわゆる砕石地業です。

これから外周部の型枠を立てて、防湿フィルム、スラブ下の断熱材、鉄筋組み、スラブコンクリート打ち込みと続いていきます。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。